対策で被害をなくそう

鳩の習性などを知っておく

鳩対策をきちんとするには鳩のことをきちんと知っておく必要があります。相手の習性をきちんと知っておくことで効果的な対策が取れるからです。鳩には行動タイプがあり、現在いるものがどういうタイプかきちんと判断することが大事です。休憩のためにきているのであれば滞在時間は短く大きな被害にはつながりにくくあまりその場所にいることはありません。すぐにいなくなってしまうのであればこのタイプですから対策としてはこの段階でしていく必要があります。糞が落ちていれば徹底的に掃除をすることが大事です。糞があるとそこで再び糞をする可能性が高くなるので、そういう場所でないことを示すことが大事です。ベランダに生ゴミを置いたり植物を置いたりすると、そこを食事場所にしてしまったりします。

対策を工夫することでメリットがある

鳩の習性を知ればそれに対する対策を得られるので大きなメリットがあります。まず糞掃除は必ず行うことです。糞があると鳩は安心してそこに糞をしてしまう傾向があります。綺麗にしてあればそこに来る確率は減ってきます。それでも飛来しやすい場所であったりすると難しい場合もあります。こういった場合は市販の鳩よけグッズなどで対策をしてみるのも一つの方法です。これでも効果がない場合は鳩よけネットが最も効果的な対策になります。入り込むことが出来なければそこに来る意味がなくなるので、飛来したり巣をつくったりすることもなくなります。安全ではなくて餌もないと鳩が判断すればそこに来る意味がなくなるので、鳩が来ることはなくなります。